東京のガラスコーティングの施工キャンペーン中!

ガラスコーティングのメニュー種類

LLコーティング(重ね塗り)
・滑り落ちる超撥水型ガラスコーティング
・重厚で深みのある美しい艶
・外的要因から守る高硬度な膜厚と圧倒的な耐久性
・ヘッドライトなどにも施工可能な素材を選ばない密着性
・環境への影響を考慮した無溶剤(VOCフリー)
・持続期間 5年
※お車の手入れや立地条件によります
光沢性
傷の付きづらさ(被膜の硬さ)
シミの付きづらさ
撥水効果
持続期間
手入れのしやすさ
ご料金 ¥51,800~
ウェルム
・流れるような超撥水型ガラスコーティング
・まるで濡れているような1ランクUPの艶
・傷がつきづらい卓越した硬度と膜厚
・シリカ含有量95%以上の優れた耐久性
・環境適合型無溶剤(VOCフリー)
・持続期間 5年
※お車の手入れや立地条件によります
光沢性
傷の付きづらさ(被膜の硬さ)
シミの付きづらさ
撥水効果
持続期間
手入れのしやすさ
ご料金 ¥43,400~
コーティングは何故必要なのか?メリットは?
コーティングを施工するメリットは大きく分けると3つあると思っています。
Point ① 汚れから車を守り、汚れが付きづらくなる
それぞれお車の立地条件や使用方法など様々ですが、皆さん共通することが屋外で使用をするという事です。屋外で使用するということは、雨風、砂埃、排気ガス、油汚れや鳥の糞など様々な原因で車が汚れ、ひどい場合は塗装面にも影響し塗装を痛める場合もあります。

しかし、コーティングを施工することによりコーティングの上に汚れが付着しますので、早い段階で洗車などのメンテナンスを行っていただければ、塗装を痛める事も無くほとんどの汚れを落とす事が出来ます。

また、コーティングの種類によりますがコーティングを施工している事で撥水や親水など様々な効果がございますので、汚れが付きづらくなります。汚れの付着の原因は、コーティングの上に載った汚れが雨や夜露などで付着してしまう事がほとんどですので、撥水や親水などの効果で水を弾き、流す事が出来ますので、汚れが付きづらくなります。
Point ② 塗装面を傷から守る
コーティングを施工することにより、塗装の上にコーティングの保護被膜ができますので、塗装を傷から守ることができるのです。ドアノブ周りの爪のひっかき傷や洗車などでついた細かなうす傷などは、どんなに気を付けていてもいつの間にかついてしまいます。

ついた傷を直すために、塗り替えを行うと高額な費用が掛かり、本来のオリジナルの塗装も失ってしまいますが、コーティングを施工していれば、コーティング被膜がその様なうす傷から塗装を守り、本来のオリジナルの塗装をいつまでも保つことができるのです。

また、重ね塗り施工をする事により被膜が厚くなりますので、保護被膜の効果が上がります。
Point ③ 艶と輝きを与える
コーティングを施工することにより、ボディーに深い艶と鏡面のような輝きを与えます。新車時は、どんな車もピカピカに輝いています。しかし、時間の経過とともに少しずつ塗装が劣化し、色がくすみ、艶が低下し、輝きを失っていきます。

コーティングを施工することにより、紫外線やオゾン、酸性雨などから塗装を守りますので、艶と輝きが長期間持続することが出来るのです。もちろん、新車時はピカピカに輝いていますが、コーティングを施工することにより、その輝きを長期間保つことができるのです。

また、艶が低下し輝きを失ってしまった中古車や使用済み車もコーティングを施工することにより、艶と輝きを取り戻し、深い艶と鏡面の様な輝きが復活します。
重ね塗り施工をする事により、膜厚と共に輝きが更に増します

*コーティングの効果・性能は、立地条件やお車の使用状況、お手入れやメンテナンスの頻度、方法などにより異なります。

重ね塗り施工のメリット
当店で扱うコーティングのLLコーティング重ね塗り施工です!
1度塗りでも十分な性能を発揮致しますが、2度重ね塗り施工をする事により、艶アップ、膜厚アップになります。
艶アップ
1度塗りでも十分なしっとりとした美しい艶は出ますが、重ね塗り施工をする事により、更に深く透き通った重厚でしっとりとした美しい艶を実現いたします。

膜厚アップ
コーティングの被膜は、肉眼などではわからないとても薄い被膜になりますので、膜厚を実感する事は難しいのですが、重ね塗り施工をする事により、1度塗りに比べて、コーティング被膜が厚くなりますので、外部からの汚れや傷がつきづらく、熱や光、紫外線や酸性雨などの外的要因への耐久・耐候・耐熱・耐寒・耐薬品性能が上がり被膜性能が向上いたします。

コーティングの磨きについて

コーティングの磨きとは
当社では、ガラスコーティングを施工する数ある工程の中で、一番重要な工程は下地処理(磨き工程)だと思っております。

磨き工程をどれだけしっかり行うかによって、コーティングのノリ、耐久性、ボディーの艶などの仕上がりに影響しますので、磨き作業を最重要工程と考えております。
技術
ガラスコーティングの施工時間はショップによって様々です。1日で作業が仕上がるショップもあれば、2日~3日掛けて作業を仕上げるショップもあります。

本来、ボディーにコーティングをかけるだけの単純作業であれば、半日程度で作業自体は終了します。それは、どのショップでも同じです。では、何故ショップによってコーティングの施工時間が違うのか?

その答えは、磨き作業に掛ける時間が違うのです。イコールボディーの下地の仕上がりの状態が違うのです。かといってただ闇雲に磨いていれば良い訳では有りません。そこで、ショップによって技術力の差がでてくるのです。

ショップによって施工に掛かる時間の違いや技術力、仕上がりの差

数あるショップの中には、ボディーの状態などを把握せずにどんな状態のお車も同じ研磨剤、同じ施工道具、同じ磨き方で作業を行い、仕上げまでに掛かる施工時間も全てほぼ同じというショップもあります。又、新車は磨かないなどといったショップもあります。逆に、一台一台施工時間は異なってしまいますが、ボディーの状態などをしっかり把握し、数種類ある研磨剤・施工道具の中から最適な物を選別し使い分け、ボディーダメージの状態にあわせて磨き方を変え作業を行うショップもあります。

豊富な経験と豊富な施工実績、の2つがなければ、ボディーの状態を把握し、研磨剤・施工道具・磨き方などを変えて作業を行う事は出来ません。豊富な経験と豊富な施工実績こそが技術力だと思っております。技術力が無ければ、最高の艶と輝きに仕上げる事は出来ません。

ですので、ショップによって施工に掛かる時間の違いや技術力、仕上がりの差が出てしまうのです。
当社では…

20年以上の豊富な経験と施工実績で絶対の自信

お客様一人一人お車の立地条件やメンテナンス方法などは違いますので、お車の塗装状態を把握し一台一台塗装の状態にあった磨き工程メニューを作成し、その工程毎に塗装に適した研磨剤を数十種類の中から数種類を選び使い分けております。

又、使用する道具も塗装の状態、研磨剤の種類に合わせて使い分け、磨き方法もボディーダメージにあわせて変えております。そうする事により、ただ闇雲に磨く事(無駄磨き)が無いので、最も塗装に適した磨き作業を行う事が出来るので、最短時間で塗装面を復元させ最高の艶と輝きに仕上げる事が出来るのです。
もちろん当社では、新車も使用済み車同様に工程メニューを作成し、磨き作業を行います。なぜなら、使用済み車程ではありませんが、新車でも塗装に多少のダメージは受けているからです。ボディーコーティングを施工するには、職人の豊富な経験と実績それに伴う磨き技術がなければ、お客様にご満足していただく事は出来ません。

当社では、ボディーコーティングを始めて20年以上の豊富な経験と施工実績を持ったスタッフを中心に日々技術力の向上を心がけ常に勉強をしていますので、仕上がりには絶対の自信を持っております。

ガラスコーティングの施工時間や日程等

施工時間 お預かり日数
新車 1日/2日 1日/2日
中古車(使用済み車) 1日~2日/2日~3日 1日~2日/2日~3日

*お車の状態により施工時間・お預かり日数は異なる場合がございます。

基本的に1日お預かりで翌日のお返しになります。
ボディの状態によっては2日~3日お預かりになる場合がございます。
重ね塗りをする場合も2日~3日お預かりになります。

ガラスコーティング施工例

アウディA8にコーティング施工をしました。
新車のアウディA3にコーティングをしました。
ベンツVにコーティング施工をしました。
COPYRIGHT© LLカーサービス All rights reserved.