カーフィルムお役立ちINFO

スズキのクロスオーバー・ハスラーにカーフィルムを!

かつて、軽自動車のクロスカントリー車は、スズキの「ジムニー」と三菱の「パジエロミニ」だけしかありませんでした。スキー・スノボ、キャンプ・サーフィンなどのアウトドアでは、クロスオーバー車が便利。ジムニー一辺倒だった、軽のオフ車に割って入ってきたのが、同じメーカーのハスラー。今回のカーフィルム・コラムは... 続きを読む

ザ・トヨタ“カローラ”にカーフィルムを貼る

今や世界の自動車メーカーであるトヨタ。そのトヨタが、長年に渡り作り続けてきた、ベストセラーカーがカローラです。今回のカーフィルム・コラムでは、ロングセラーを続け、今なお進化し続ける、カローラとカーフィルムについて展開していきたいと思います。   進化したカローラ アクシオとカローラ フィールダー... 続きを読む

トヨタアクアにカーフィルムを施工する

アクアは、電気の力とガソリン車の駆動を組み合わせた「ハイブリッドカー」であることはみなさんご存知だと思います。トヨタのハイブリッドカーと聞いてまず思い出すのが、プリウス。プリウスは、トヨタが最初に発売したハイブリッドカーのパイオニアなわけですが、アクアはそのコンパクト版。北米など海外などでは、そのま... 続きを読む

スズキのクロスオーバー・ハスラーにカーフィルムを!

かつて、軽自動車のクロスカントリー車は、スズキの「ジムニー」と三菱の「パジエロミニ」だけしかありませんでした。スキー・スノボ、キャンプ・サーフィンなどのアウトドアでは、クロスオーバー車が便利。ジムニー一辺倒だった、軽のオフ車に割って入ってきたのが、同じメーカーのハスラー。今回のカーフィルム・コラムは... 続きを読む

スズキのスペーシアにカーフィルムを貼る

軽No1を目指すスズキが放った、新たな軽ハイトワゴン。それがスペーシアです。今回の、LLカーサービスがお送りするカーフィルム・コラムは、そんなスペーシアに焦点をあててお送りしたいと思います。 軽ワゴンの雄、スズキのハイトワゴン「スペーシア」 スズキはワゴンRをはじめ、軽自動車規格で数々のハイトワ... 続きを読む

トヨタ・シエンタにカーフィルムを施工する。

初代シエンタがトヨタの工場からロールアウトし、市場に姿を現したのは2003年9月のこと。全長4,120mmという、コンパクトカーサイズのボディながら、3列シートを配置する家族に優しいコンパクトなミニバンとして登場します。当時のライバルと目される車種は、日産のキューブ・キュービック。フォルムやコンセプ... 続きを読む

アルトにカーフィルムを施工する。

2016年RJCカーオブザイヤーと2015-2016日本カーオブザイヤーの「スモールモビリティ部門賞」を受賞した新型アルト。アルトといえば、とかく「ワークスWorks」や「RS」といったスポーツグレードが注目されがち。しかし、アルトの特徴は洗練されたシャーシと、究極までに絞り込まれたモノコックボディ... 続きを読む

ホンダN-BOXにカーフィルムを貼ろう。

軽のホンダの復活をになうN-BOX ホンダはもともと2輪(オートバイ)のメーカーであることは、ご存知の方も多いのでは?その2輪メーカーだったホンダが最初に作った自動車がS500。1963年のことでした。このS500は、S360というコンセプトモデルを経た車。当時は360㏄が軽自動車の規制枠、つまり... 続きを読む

ダイハツ、タントにカーフィルムを施工しよう

軽ワゴン屈指の広さを誇るタント 軽自動車No1の座を、ズズキと常に争っているダイハツ。タントは、軽自動車売れ筋のスーパーハイトワゴン部門を担う、ダイハツの基幹車種。2003年に初代タントが登場したときから、1,700mmのホイールベースと2,400mmの室内空間を誇るタントは、軽自動車ユーザーに衝... 続きを読む

ホンダ・フィットにカーフィルムを貼る

シビックに変わる、ホンダの世界戦略車。それがフィットです。LLカーサービスがお送りするカーフィルム・コラム。今回は、フィット(GK型)に焦点を当てて、コンテンツを展開しましょう。 フィットはコンパクトカーの在り方を変えた車 フィットは、ガソリンタンクをボディセンターに配置することで、低床・室内ス... 続きを読む


お問い合わせ先

ご不明な点等ございましたら下記までお気軽にお問い合わせ下さい。

電話お問合せ

お問い合わせフォーム

INFOメニュー
カーフィルム メニュー
キャンペーン情報
アクセス
地図
〒192-0355
東京都八王子市堀之内
2-16-10
tel 042-682-2213
アクセス地図
サービス内容